SHILLA SYSTEM(シンラシステム)


恩師の阿部晴彦先生が考案された、噛み合わせの平面が左右対称・左右同高に物造りをするための道具を用いてかぶせるもの、つめるもの、義歯の排列や噛み合わせを作る方法を取り入れています。

生体も物体も本来は左右対称が望ましいのです。口腔内においても現在どのような状態なのか診査・診断をしてから取りかからなければ意味がありません。単に穴があいたから詰めれば良いという単純なものではないのです。基準というものを設けて、しっかりと診査・診断をしてから上下顎の全顎に渡って調べていきたいものです。





.